トラブルを防ぐポイント

鏡を見る女性

ボトックスに多いトラブル

ボトックス治療は基本的に副作用が少ない施術ですが、必ずしも副作用がないわけではありません。特に多いと言われているトラブルが、注入後に表情筋のバランスが崩れてしまうトラブルです。症状としては、まぶたが極端に下がったり、眉が上がりすぎる、笑顔が不自然になってしまう、といったトラブルです。顔を動かしづらくなるため、ご飯を食べるのも難しく、ストレスを感じるでしょう。表情が上手く作れなければ笑っているのに怒って見られたり、真剣な場で笑っているように見えるなどの誤解を与えてしまう事もあります。人間関係のトラブルが起こる場合もあるため、表情筋のバランスが崩れるリスクは避けたいですね。幸いボトックスの効果は永遠ではなく、1年ほどで効果が無くなる場合が多いです。しかし、1年もの間、表情筋に違和感を感じたまま過ごすのはつらいですよね。ボトックスの効果を抑制する施術もありますが、施術費用がかかり、二度手間ですよね。こういった施術のトラブルを無くすには、クリニック選びを慎重に行う事が大切です。特に、エラやシワの改善として顔へ注入する機会が多いボトックス施術は、注意しておきたいものです。ボトックスの失敗の原因は、ボトックスの量が適切でない事が多いです。誤った量を注入すれば表情筋が崩れてしまいます。適切な量を理解している、信頼出来るドクターが在籍するクリニックを選びましょう。クリニックを選ぶポイントは、ホームページの情報を入念にチェックする必要があります。クリニックの実績や口コミの評判などから、クリニックの質を見極めましょう。